後付けの太陽光パネルの設置と雨漏り修理

subpage01

昨今の住宅建築において注目されているのがゼロエネルギー住宅です。



太陽光パネルを設置することで自家発電を可能にして、電気の供給を受けなくても生活できるというスタイルが主流になりつつあります。



その流れを受けて既に家を建築した人が、後になって屋根に太陽光パネルの業者に設置を依頼することがあります。

そのような経緯を経て、家に雨漏りが発生したとします。

昨今の家では住宅保証制度があり建築した業者は雨漏りを修理する必要があります。



しかしその場合、後付けで設置した太陽光パネルを取り外さないと原因を調べて修理することが難しいケースもあります。
この場合は太陽光パネルを一度取り外す費用は住居人が負担することになります。

もしかしたら太陽光パネルを設置したことが原因であることも考えられます。

この場合には、家を建築した業者が保証制度に則った保険で修理をするのではなく、住居人に対し実費を請求して修理することになります。

このようなケースは最近多くなってきているものの、そのような具体的なケースまで事前に説明されることもなく、事象が発生してからわかることもあります。

昨今のそのような事情を鑑みて、後付けで設置した太陽光パネルは、雨漏り修理の際には住居人負担で取り除き、場合によっては雨漏りの原因修理についても住居人負担で修理することもありえることを太陽光パネルの設置業者は説明しておくべきです。
住居人はそれを了解した上で設置することが望ましいと言えます。