雨漏りは素早い対応が必要です

subpage01

家の中や建物の雨漏りは、出来るだけ早い対応をする事で被害を最小限に抑える事が出来るのです。



雨水が垂れて来ている状態は限界まで来ている証拠となり、家の中の物を濡らして台無しにするだけでは無く、建物自体にダメージを与えてしまうのです。
木造であっても鉄筋であっても、濡れたり乾いたりを繰り返していると、耐久性が弱くなり、壊れて行く状態になります。



木造の場合には、木が腐って行く原因となり、柱のヒビや折れてしまうなど災厄な状態に進んでいくのです。

鉄筋の場合には、サビの原因となり、繋ぎ目の破損ともなりうる可能性が高いのです。



その為にも雨漏りを出来るだけ早く見つけ出す事が大切になります。

最初から雨水が垂れてくる事は無く、壁のシミや、壁紙の剥がれなどが現れてくる事が多いです。気づかないうちに進んでいく状態なので、建物の変化を出来るだけ早く見つけ出す事が大事になります。
この他にも、見つけ出す方法は、床が浮いてきたや雨の降っている時の天井の音がいつもと違うなど、必ず変化があるのです。もし見つかった場合には、建設会社や大工に調べてもらい修理をする事で改善する事が出来ます。


建物内の被害が出てからでは遅いので、建物内の変化を何となくでも感じた時には、天井の点検口や、床下の点検口を覗いで、雨漏りのシミや壁の色の変化、匂いなどで確認する事も、家や建物をずっと維持していく為の方法となり、出来るだけ早い雨漏りの発見により安全性が高まるのです。